Security of Things of New Site 0

Security of Things.jpg



チップセットセキュリティソリューション


Security of Things


IoT製品にOSを実装せずとも、対象のチップセットにセキュリティソフトをインストールすることで、Boot、Security Key、Deviceのマネージメントができ、VPN機能を搭載することができます。

チップセット上で実現するため、OS処理を考慮したCPU処理能力やメモリ容量は不要となり、製品のコスト削減を実現することができます。


security architecture.jpg















      Architecture






















一般的にIoT製品はLinuxやAndroid等のOSを実装し、様々なハードウェアやソフトウェアでEnd to Endのセキュリティを確保することになります。

CPUやメモリなどはこのOS処理を考慮し、必要以上のデバイスを選定することになります。

また、OSに合わせてセキュリティを含むソフトウェアの開発や実装が必要となり、開発コストの上昇を招きます。

本ソリューションはチップセットにセキュリティソフトウェアを実装するため、これらのコスト上昇要因を削減できるため、結果として製品コストの低減に寄与します。

LinkIconお問い合わせ



STM32.jpg



      STM32 Security































STマイクロ社製STM32シリーズにおいて、既にこの技術の実現と商品化の実績があります。

LinkIconお問い合わせ




Security of Things_実績.jpg





      対応チップセット






















現在は上記の通り、STマイクロ社製STM32メインチップ+Security Chipsetとの組み合わせになります。

今後、ARM系チップセットの対応を広げてまいります。適宜、対応チップセットの情報を更新いたします。

LinkIconお問い合わせ